審査のゆるいクレジットカード会社ってどんなとこ?

審査のゆるいクレジットカード会社ってどんなとこ?

クレジットカードを作りたいと思っています。でも私はアルバイトで働いているので、カードの審査に通らないのでは?という不安があります。実際にバイト先の人がカードの審査に落ちたという話をしていました。普通にカードを作りたいとは思うのですが、収入のこともあり審査の厳しそうなところは無理かなと思っています。中には審査がゆるいカード会社もあると聞いたことがあるのですが、それってどんなカード会社なのでしょうか?

比較的審査がゆるいのは、消費者金融系、流通系のカードです

クレジットカードの審査が心配ということですが、クレジットカードを申し込みする際の審査の絶対条件が、「収入があること」です。完全無収入の人にはどこのカード会社であっても、カードは発行してくれません。専業主婦の人は配偶者の収入を収入とみなされるため、無収入とは認識されません。要は返済能力がある人にしか、カードは発行されないということです。あなたはアルバイトで収入があるということですので、こちらには該当しないのでカードを作れる可能性はあるということです。
審査がゆるいと言われるカード会社の中でも一番ゆるいとおもわれるのは消費者金融系、次に流通系のクレジットカードになります。

消費者金融系とは、消費者金融が発行しているクレジットカードです。消費者金融が発行しているからといって、利用するとそのまま消費者金融への借金になるというわけではありません。キャッシング機能が充実していますが、他のクレジットカードと同じように利用できますので、安心してください。発行しているのが消費者金融なだけに、パートやアルバイトなどの比較的定収入の人でも審査が通りやすいのが特徴です。
流通系とは大型店舗の流通小売店の会社などが発行しているカードです。普段の買い物に使える気軽なカードとして主婦やパート・アルバイトの人でも審査が通りやすくなっているようです。また大手通販会社が発行しているカードなども審査が通りやすくなっています。利用してもらうことで、買い物を促進するという意味もあるため、若干審査がゆるめのようです。流通系のカードは店舗やサービスに使える独自のポイントサービスを行っていることが多いため、流通系のカードであれば、自分が利用する店舗やサービスなどが発行しているカードをおすすめします。

審査がゆるいといわれるクレジットカードはいくつもあります。アルバイトということで気にされているようですが、初めてカードをつくるのであれば限度額は低めになると思いますが、審査は通りやすいのではないかと思います。自分が利用しやすいものを選んで、申し込んでみると良いと思います。

審査基準のゆるいクレジットカードの特徴とは

クレジットカードには、基本的な買い物での利用と、キャッシングの機能などが付帯しているものなどがあり、大変便利なものです。しかしながら、このカードを利用する為には審査があり、この一定の審査基準を満たすことではじめて利用ができるようになるサービスなのです。その為、予め審査基準のゆるいクレジットカードの特徴を把握しておき、そのサービスに狙いを定め申込みを行う事で、より簡単にこのサービスを利用する事ができるようになります。

この審査基準の緩いカードの特徴としては、収入の少ない方や、自営業主の方、非正規雇用の形態で働いている方、これまでにキャッシングなどで遅延などの経験がある方でも審査に通過できるサービスです。このサービスには消費者金融系や銀行系に加え、最も流通量の多い信販系やIT系などがあります。この中でも審査が甘いのが消費者金融系のカードで、特にキャンペーンを行っているカードは審査が通りやすくなっているのです。消費者金融系はキャッシング機能が充実した利便性の高いサービスが特徴で、審査も通過しやすいので、非常に利用しやすいものなのです。

また、比較的審査基準が緩和されているものに、流通系のクレジットカードがります。これはスーパーや百貨店などが発行するカードです。この種類は買物の利用でポイントが貯まるなどの特典があり、そのほかにも多種多様な特典があるのが特徴なのです。そして、これらのカード会社でキャンペーンを行っているケースでは、クレジットカードがつくりやすくなります。これは入会金無料やキャッシュバックなどのキャンペーンを行っている得別な期間で、クレジットカード会社の戦略で新規会員の獲得を行う場合に、このようなキャンペーンが期間限定で実施されます。その為、このキャンペーンを実施している期間は、積極的に利用者を増やしたいということになり、クレジットカードの審査も緩和されることが多いのです。